New Book in Japanese (What prevents companies from achieving “The Goal”)

エリヤフ・ゴールドラット 何が、会社の目的を妨げるのか
日本企業が捨ててしまった大事なもの (Precious things that Japanese companies are missing) 


(Available only
in Japanese)
 

トヨタ生産方式の生みの親・大野耐一氏を心から敬服し、日本をこよなく愛していたゴールドラット博士。そんな博士が最も愛した言葉――それは「WA(和)」であった。 「私たちも、日本人のようでなければならない」「日本人はおそらく他の惑星からやってきたに違いない」と、晩年、世界中で「和」の大切さを説いていた。「世界の他の国々が日本からもっと学ぶべきだ。地球に日本があってよかった」と語ることさえあった。 しかし同時に、「和」を重視する日本の文化は、同時に大きな弱みにもなり得るとも考えていた。また、日本企業がますます欧米の経営哲学、カルチャーに染まっていくことに対し、きわめて大きな危惧を抱いていた。 ゴールドラット博士のインタビュー、講演で語られたフレーズ、論文、そして『ザ・ゴール』をはじめとする著作から、ものごとの本質を鋭く衝いた「至言」の数々を一冊にまとめる。そこから、日本企業が捨ててしまった大事なものが浮かび上がってくる。 アメリカで刊行されたTheory of Constraints Handbookに収録されたゴールドラット博士による「TOC概論」(What Is TOC? Introduction to TOC―My Perspective)も初邦訳。
Implementing TOC as a Holistic Approach

(36 min)
The common sense found in the pages of the best selling book The Goal is the foundation of the Theory of Constraints (TOC). Silver bullets do exist. TOC brings fast and significant results, and with such silver bullets there also comes a natural resistance from the prevailing culture. Listen as Dr. Goldratt shares his analysis of what prevents companies from taking actions shown in The Goal, and HOW by implementing TOC as a holistic approach this can be overcome and major benefits can be achieved.
Access for TOC.tv Members,
click here »
Access for TOC Weekly Subscribers
until March 31st, click here »
This entry was posted in Books, TOC Weekly 84, TOC.tv, Videos and tagged , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *